hitch 言葉で市場に価値を創り出す、ライティングのプラットフォーム
By freesale Follow | Public

情報通信技術の進歩により、消費者の価値観が多様化の一途をたどる現在、マーケティングの中心は、従来の「マス」から「Web」へ移行しようとしています。多くの人が毎日のようにSNSやブログに触れる時代――今や、誰もが情報発信者となりました。

さらにクラウドソーシングの登場により、企業から「対個人」へのアウトソーシングが可能になった今、かつて「特別なこと」だった、文章を「書くこと」の価値は、崩壊したと言っていいでしょう。

結果、市場には大量の「低品質なコンテンツ」が溢れかえりました。そして「量こそが質」であった時期は瞬く間に去り、現在ではそれらは、まったく見向きもされなくなりました。

競合に先んじ、“勝者”になるには、本当に質の高いコンテンツを継続的に発信しなければならない――すなわち、真の意味での「コンテンツの時代」が到来したのです。

■コミュニケーションを生む言葉で、市場に価値を

ライターの仕事において重要なことは、文章を「書くこと」ではありません。そこにどんな価値をプラスできるかが重要なのです。そして、コンテンツマーケティングにおける価値とは、文章を中心として「企業と顧客の間に新しいコミュニケーションを生み出すこと」に他なりません。そのリレーションにおけるタクトを振るうことこそが、ライターの最大の任務です。

hitchは、コンテンツの時代において真に価値を発揮できるライターが集まる“コミュニティ”であり、最先端の情報を共有・発信する“プラットフォーム”でもあります。高いスキルを持つライターには、「能力に見合った依頼と報酬」を、ライティングへのニーズを持つ企業には、「期待を超える品質」を提供します。

さらに、登録ライターのスキルアッププログラムの取り組みも。hitchが中心となって、資格取得支援やセミナーなどの教育環境の提供も継続的に行います。

ブランドネームに込めた想い
当メディアのブランドネームである「hitch」には、2つの意味を込めています。「引き寄せる」という意味を持つ英語の「hitch」と、「文章の書きぶり・筆の調子」という意味を持つ「筆致」。ライターにはそれぞれ、その人にしか持ち得ない筆致があります。